中川式ストレッチベンチ

ストレッチは、どうやればいいんですか?
という質問がきそうなので・・・

実は、ストレッチは、専用の機材を買って行うのが ベストです。
中川式ストレッチベンチ
どうして、このベンチが必要かといいますと、 ここまでちゃんと背中が伸びる状態を作り出すためには、足をしっかり固定しないといけないからなんですね。
(普通の機材を使わないストレッチでは無理だということです) このベンチを使うと、足をぐるぐる巻きにして、固定することができます。
2万程度するんですが、充分買う価値はあります。

| 日記

ウォーキングで腰痛対策

私は、毎日2時間のウォーキングを行っています。
腰痛予防に、ウォーキングは必須です。

どうして、そんなにやらないといけないかというと、 やはり、腰痛を治すには、下半身の筋力強化がどうしても 必要だからなんですね。
多くの人が、「腰痛は治らないもの」と思っているのは、ここに気がついていないからだという気がします。


で、今の所、このようなメニューでやっています。

朝 1時間
夜 1時間
歩数換算すると、2万歩程度です(10分=1000歩)
1回で2時間分やらないのがコツです(腰を痛めますので)。もし、腰が痛くなったら、必要に応じて時間を減らします。
3つくらいのルートをきめて、その日の気分に応じて選択するという感じです。

自力整体って

自力整体というのは、自分の力で腰痛を治すことです。

腰痛は、きらないと(手術)治らないと思われていますが、全然そんなことはないんです。(むしろ、安易に手術をすることのほうが危険です)
適切な処置を自分で行ってあげることにより、腰痛を治療することができます。これを読んでいるあなたにも、自力整体のことをしってもらって、腰痛の苦しみから解放されるよう祈っています。
やらないといけないことは、以下の3つです。
自力整体の秘訣

自力整体の秘訣1.ストレッチ
まずは、毎日ストレッチをして、体をやわらかくします。
骨盤のゆがみは、体が硬くなっていることからなるので、まずは体をやらわかくしてやる必要があります。

中川式のストレッチベンチがおすすめです。

自力整体の秘訣2.減量(ダイエット)
ダイエットをします。これは、体重が軽くなると、腰への負担がかるくなるからです。

自力整体の秘訣3.筋トレ
腹筋・背筋とウォーキングが必要です。
腹筋・背筋は、3日にいっぺんくらいでOKです。毎日やるよりも、筋肉が回復するまで待ってからのほうがより効果が出ます。
ウォーキングは、毎日2時間〜3時間行います。(2万歩〜3万歩程度)
ただし、いきなり3時間のウォーキングをすると、腰を痛めてしまいますので、最初は30分程度から始めます。その後、少しずつ時間を増やしていくのがお勧めです。
タグ:自力整体

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。