整形外科腰痛

整形外科で腰痛を治療する場合の注意。 椎間板ヘルニアのばあい、手術をすすめられることがあります。 手術をすすめられた場合、充分に検討することが大事です。 手術は、行っても効果がないだけではなく、腰痛が悪化すること も多くあります。ですので、医者のいいなりになるのではなく、 自分で腰痛に関して充分に勉強し、対策を考えていく必要があります。 このブログでは、保存療法(きらずに、ストレッチや筋肉トレーニング)で なおす方法をおすすめしています。これなら、手術をするのにくらべて はるかに危険性がすくないため、おすすめです。 とにかく、手術をすすめられた場合、安易に決めるのではなく、 慎重に判断をすることが必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。