腰の病気

腰の病気は、主なものには,腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の二つがあります.

腰の病気@
腰椎椎間板ヘルニアでは背骨のクッションの働きをする椎間板が飛び出て神経を圧迫して,強い痛みが発生します.いわゆる坐骨神経痛と呼ばれる痛みです.

腰の病気A
腰部脊柱管狭窄症は、腰椎(ようつい)の脊柱管が狭くなる病態を示すものです。そのなかを通っている神経が圧迫されることにより、腰痛や脚のしびれなどのさまざまな症状が出てきます。
タグ:腰の病気
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。